看護師 日勤常勤

日勤常勤ってどう?

子育て中や家庭を重視する方や夜勤が苦手な方など、日勤のみで働きたいという看護師も多いですよね。

 

日勤のみのお仕事というと、デイサービスや入院施設のない病院、クリニックなどもともと夜勤のないお仕事という選択肢もあります。

 

夜勤専従看護師という働き方が増えてきたり、子育て中でも働きたいという人も多く、一方で病院は人手不足ですから、実は病棟の仕事でも日勤のみの条件の求人も沢山あります。

 

病棟勤務で日勤のみというとパートや派遣など、非常勤の雇用の求人が多いですが、常勤で日勤のみの条件の求人も増えてきています。

 

夜勤手当がありませんから手取りは劣りますが、日勤常勤ならパートや派遣とは違い正雇用扱いですから、福利厚生が受けられたりボーナスや退職金も貰えるというメリットがあります。

 

時間帯も例えば二交代制の病棟の場合、日勤勤務と同じ時間帯(8:30〜17時前後)ですから、帰宅してからの家事の時間も取れますね。

 

もっとも日勤でも残業が発生する場合も少なくないので、あまりにも残業が多いと日勤常勤を選んでも意味がありませんよね。

 

日勤常勤でかつ残業無しかあっても少ないところとなると、探すのは大変かもしれませんが、求人サイトなどを活用して情報を集めてよく検討して探すといいですよ。

 

私も今は子どもがまだ小さいのでパート勤務ですが、ある程度手が離れたら日勤常勤の仕事を探したいと思っています。

夜勤専従って大変?

夜勤が苦手でなく、昼間の時間を有効に使いたい、効率的に稼ぎたい、という人には夜勤専従という働き方もありますよね。

 

夜勤専従常勤になったとしても、月の勤務日数は9日前後ですから、日中の空き時間は多くなるうえ、夜勤手当が加算されて、給料もかなりの額が稼げます。

 

夜勤だけというとハードなイメージですけれど、職場によっては日勤の仕事と夜勤の仕事を交代して行うよりも夜勤専従で働いたほうが生活リズムが整えやすいという人もいます。

 

救急外来とか夜間でもオペや緊急入院の多い病棟や、高齢者が多かったりスタッフ不足で忙しくて一晩中気が抜けない、なんて職場だと一回の夜勤でも相当疲れてしまって夜勤明けの日もぐったり寝て過ごすなんてことになってしまいますね。

 

仮眠や休憩もろくにとれないなんてところは要注意です。

 

わりと症状の落ち着いた患者さんの多い病棟や、精神科の病棟など、流れのゆったりしたところなら、日勤業務よりも仕事の量は少なくて、それほどきつくはないと思います。詳しくは>>> http://バイト看護師.net/

 

私はまだ子供が2歳と小さいので、週1日〜2日の夜勤専従パートをしていますが、日勤で週5日働くのと同じ程度の給料が稼げてます。

 

勤務もそれほどバタバタしたとろではないので、仮眠・休憩はわりとしっかりとらせてもらってます。

 

さすがに夜勤明けはちょっときついので、昼頃までは親に子供を預かってもらってます。

 

午後は一緒に昼寝をして、夕方からは遊んだり買物をしたりと一緒に過ごす時間がゆっくりとれます。

 

休みも多いので家事や育児にも時間があてられる点がいいですよ。

小児科クリニックでパートをする時の注意点はありますか?冬は残業が多そうですが・・・。

一般病院に比べると、クリニックは、経営上の問題もあるせいか、スタッフに余裕があるところは少ないです。
ほとんどのクリニックは、少人数で仕事を回しています。
その為、たとえパートだとしても頼りにされる場合が多く、残業が多いのが実状です。

 

小児科クリニックというのは、冬場はとても忙しいですね。
子どもはちょっとした事ですぐに熱を出しますが、特に冬場は風邪を引きやすく、
インフルエンザや感染性胃腸炎にかかってしまうケースも沢山あります。
働いているスタッフが感染してしまい欠勤する、という場合もあるんです。
ギリギリのスタッフで回しているクリニックでは、たった1人でも欠勤してしまうと大変です。
パートでも、残業を強いられたり、出勤数を増やされるといった事は多々あります。

 

小児科というのは、患者さんが子どもという事もあり、子育てをしているママさんナースが沢山働いています。
ほとんどの方は、クリニックでのパートなら、時間通りに帰る事ができる、余裕を持って働く事ができる、
というイメージを持って働き始めています。
しかし、実際は残業が多い職場もありますから、失敗したと思う方も少なくありません。

 

ママさんナースの場合、育児と仕事を両立させる必要がありますから、残業が多い職場で働くのは厳しいものです。
その結果、転職を重ねてしまうケースも多いですよね。
希望の条件に合った職場を探す為には、看護師求人情報サービスを利用して、残業や業務内容、
スタッフの人数などを事前に調べて貰う事をお勧めします。
小児科クリニックは、イメージとは違い忙しい職場ですから、事前のチェックは必要です。
希望にあった業務内容であれば、子どもについての知識を得る事ができて、とても勉強になる職場です。